フランチャイズ契約は、独立とは言えない最も不利な働き方

RyanMcGuire / Pixabay

以前、友人に「コンビニのフランチャイズをやろうかなと考えている」と相談されたことがありました。

彼も働き方について色々考えるような人で(なのでわりと話が合う)、相談と言っても頼られているわけではなく「どう思う?」というニュアンスですね。

このブログで勤め人・事業主・スモールビジネス・自分の商品・資本主義のフリーマーケットといったことを書いているうちに思い出したので、この話を残しておきます。

フランチャイズで独立は、やめておけ

その友人には「自分なら絶対に、やらない!」という話をしました。あくまで「自分だったらこうする」という感想だという前提での話でしたが。

彼とは今まで、サラリーマンという勤め人の立場だけじゃなく、自分のスモールビジネスでもお金を稼げるような状態にしていくべきだ!といった、このブログに書いているようなことを話していたので、その流れでフランチャイズは無いだろー、とは思いましたが。

フランチャイズ契約って、簡単に言うと「看板を借りて商売する」という形なので売上の何割かだけを受け取る形です。

コンビニオーナーがわかりやすいです。
各店舗それぞれ、個人事業主または法人が経営者であり、セブンイレブン本部とフランチャイズ契約を結んでいます。セブンイレブンの看板を掲げることで集客ができ、またレジシステムから発注から全てを本部に管理されており、契約内容も非常に厳しいものとなっています。

事業主のリスクを負って、他人の管理下で働く

勤め人・事業主という比較をこのブログでよく書いていますが、収入に対する考え方はまさに対極的です。

勤め人=労働の対価
事業主=商品やサービス提供の対価

勤め人はあくまで会社に雇用されての労働なので、言われたことをやるのが仕事と思ってしまいがちです。これは管理職になってからも、部署の目標達成が会社から与えられたミッションなので、結局は「指示されたことをやる」のが仕事なので、変わりはありません。

それを踏まえてフランチャイズ契約というのを考えてみると、まさに勤め人のような働き方をしつつ、事業主のリスク・責任を伴うような仕組みであると言えます。

勤め人のように「指示されたことをやる」働き方だけど、労働時間に応じた収入ではなく、あくまで事業主として「売上の●%」のみ。そして売上が上がらない場合のリスクは負う状態。

要するに、勤め人のように労働基準法に守られることなく、他人の管理の下で働くという仕組みです。

思い描く事業主とは程遠い状態。
これってフランチャイズ以外にも、1社だけの下請けに入る場合も同様のことが言えます。まさに上の言いなりであり、一番過酷な条件の働き方でしょう。

事業主として「自分自身の商品やサービス」で

このように、フランチャイズや1社の下請けというのは、リスクに対するリターンが低いものが多いのが現状です。他人の看板を借りるためにはそれ相応の条件を飲む必要があるので、それよりも自分自身の商品やサービスを発信することを考えた方が良さそうです。

独立したいという人は多いと思いますが、あまり早まらないように気をつけましょう。ちなみに私の友人も、(私の意見は関係ないと思いますが)結局フランチャイズ独立はしなかったようで何よりでした。