サラリーマンブロガー最大のデメリット「思いついた時に記事が書けない」

Pexels / Pixabay

2018年9月30日。
台風24号が日本を直撃した、日曜日。

結局どこへも出かけず、自宅でのんびりしていました。。

土曜の夜にTwitterで、ふるさと納税のお得な情報を発見。
勢いで深夜記事を書いて睡眠。
そして朝早く目が覚めましたが、寝る前の記事に対して思った以上に反応があったので嬉しく、色々調べて新しい記事を追加していきました。

ふるさと納税に関する記事を、本日だけで4本も。
こんなの初めてです。

「Twitterでの反応を見ながら、新たに関連記事を書く」というのは普段なかなかやることはありません。日曜日で大雨だったので、ずっとパソコンの前にいたからできたことです。

そう考えると、やはりサラリーマンは時間がないですね。
朝思いついた内容も、記事にするのは夜ですからね。鮮度が命のインターネットにおいて、そのタイムラグは大きいです。

フリーランスの最大のアドバンテージはこの「時間」だと思います。記事数もそうですが、思った時にすぐに動けるという即効性、そして記事の深度にも関わります。

時間の長さだけではありませんが、やはり時間の絶対量が違うのは大きいです。

もちろん私はあくまで、サラリーマンブロガー・サラリーマンアフィリエイターです。なので無いものねだりではありますが、「時間があればこんな動きができるんだなあ」と改めて感じました。