副業サラリーマン投資!仮想通貨テンバガーブログ

サラリーマン&アフィリエイター&なんちゃって投資家として資産倍増を狙う

【実録】仮想通貨投資を、妻に告白した結果!(万が一に備えて資産の引き継ぎ)

calendar

私はサラリーマンの傍ら、アフィリエイトなどネットで稼いだお金を元に、今は仮想通貨を中心として投資をしている。Twitterを中心にいろいろ情報を収集しているが、テクノロジーに詳しい方やアフィリエイト・ブログ運営に詳しい方などさまざまで、いろいろ意見の交流などもあり非常に勉強になっている。

そんなTwitter上で見かけたこんなツイート。

多分、私なんかより額のケタが違うだろう。
こういうのを見ると、人それぞれいろいろ大変なんだなー、と思う。

ちなみに私はこのブログでも書いているように、特に妻に黙って投資しているわけではない。聞かれないから言わないだけで、給料は家に入れているからネットで稼いだお金で投資をしても文句を言われない、という状態。

投資したいサラリーマンは「嫁ブロック」に感謝すべき!(家庭のお金に手をつける重大さについて)

で、つい先日、妻にはじめて仮想通貨の話をしたのだ。
というわけで今回は、仮想通貨投資について妻に言ってない」という人の参考になればと思い、我が家の出来事を書いてみたいと思う。

スポンサーリンク

家族のために引き継ぎをする

まず、なぜ妻に仮想通貨のことを話すのかについて。

銀行預金は、口座名義人が死亡した場合、所定の手続き(結構面倒らしい)により口座からお金を引き出すことができる。「この銀行にあの人の口座がある」ということがわかれば、遺族の元にきちんとお金が渡るということだ。

対して仮想通貨の場合はどうか?
私が仮想通貨を保有しているということを、そもそも家族は知らないのだから手にすることはできない。
もし「保有している」ということを知っていても、それがどこのウォレットに入っていてどうやってアクセスするのか?きっと手にすることはできないだろう。

もし私がある日、余命3ヶ月を告げられたら、全て現金化して家族に渡すだろうし、もしくはきちんと説明した上で資産として管理させることはできる。
しかし、明日交通事故で死んでしまったら、銀行口座のお金は行きわたるけど仮想通貨は存在を失ってしまう。

というわけで、私に万が一のことがあっても妻が仮想通貨にアクセスできるよう、きちんと引き継ぎを行おうと思ったのだ。

仮想通貨の引継ぎ方法について

仮想通貨を保有している事実は説明すれば良いのだが、どうやって引き継ぐのか?取引所に保管している場合は、取引所のログイン情報を共有しておけばいいだろう。

しかし、長期保有における取引所保管のリスクを考え、ウォレットに移行中である。注文中のLedger NanoSが届けば一通り移行は完了する。

はたしてパソコンオンチの妻が、仮想通貨のウォレットにアクセスすることができるのか?なのでこれについてはきちんとマニュアルを作成して説明をする必要があるだろう。

そして、マニュアルを保管するにも今使っている2011年のMacBookAirは、充電もすぐ切れるし寿命も短そうなので、せっかくなので新しいパソコンを購入した。
これは夫婦共用のパソコンとし、マニュアルやリンクなどもきちんと入れておきたいと思う。

※もちろんセキュリティの都合上全ての情報をここには入れない。このあたりの管理方法は、Twitterでもお世話になっているマナさんのこの記事を参考にする予定。
私が安全だと思って実践してる仮想通貨やパスワードの管理方法/貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ

仮想通貨を妻に告白~WBS編~

さて、どうやって妻に話をしようか。
「実はさぁ…」と唐突に話をするのも何だかなあという感じだ。

そんなある日、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」でビットコイン特集が放送されるとの情報が!

これは、自然にそんな話ができる絶好のチャンスだ。

子供を寝かしつけて、夫婦でリビングに
→テレビでWBSがはじまる
→ビットコイン特集が流れる
→「高くなったな~、俺が最初に買った時は6万円だったのに」
→「えっ?持ってるの!?」
→「実は・・・・以下略」

という自然な流れを期待し、夜を迎えた。
しかし、予定通りWBSがはじまって間もなく

妻「眠いから先に寝るわー」

というわけで、この作戦は撃沈。

仮想通貨を妻に告白~BBQ編~

その週末。
ビットコインをはじめ全てが大暴落した土曜日。
天気がよかったので、庭でバーベキューをした。

おなか一杯食べて子供たちも家に入り、夫婦でお酒を飲みながらダラダラと会話。
そんな時妻が「いきなり新しいパソコンを買って、どうしたの?」

これは話をするチャンス!

私 「俺がいつ死んでもいいように引継ぎをしようと思って」
妻 「急に何のこと?」

私 「ビットコインって知ってる?」
妻 「んー聞いたことがあるような無いような…」

私 「仮想通貨という、ネット上のお金みたいなもの」
妻 「へえ」

私 「最近全然株をしてないんだけど、そういうのに投資してるの」
妻 「へえ、儲かるの?」

私 「笑えるくらい利益が出てる」
妻 「へえ、どれくらい?」

 ※ここで今の金額的な状況について詳しく説明。

妻 「今それを売ればいいのに」
私 「けどGWの時みたいにまだまだ上がるかもよ?」
妻 「なるほどねー」

以上。
これだけである。
あまりにもあっさりしているが、これで会話は終わった。

結論:奥さんにはきちんと話したほうがいい!

奥さんの反応は、人それぞれだろう。
こんな風にあっさりと話が終わってしまう人も居れば、目の色を変えてガッついてくる奥さんもいるだろう(笑)

我が家の場合、仮想通貨というものを知らないし興味もないから、多分あまりピンときていないのだと思う。私も「あくまで含み益だから、数字遊びだと思ってる」という話をしたせいかもしれない。

同じ金額だとしても、これがもし「実は銀行にこれだけ貯金が合ってさあ」という話だったら違っただろうし。

というわけで、とりあえず妻には「仮想通貨というものを持っている」ということは伝えた。家庭のお金に手を付けているわけではないので文句は言われないのはわかっていたが、やはりきちんと話をすると心なしかスッキリするものだ。

もし私と同じように、奥さんやお子さんがいらっしゃる方が居たら、(問題が無ければ)できれば仮想通貨を持っていることは伝えておいた方がいいと思う。何かあった時に少しでも資産を残してあげられるので・・・。

あとはLedgerNanoS(ハードウェアウォレット)が届き、手持ちの通貨を移行できたら引継ぎマニュアルでも作ろうと思っている。とりあえず引継ぎするまでに交通事故に合わないようにしたいと思う(笑)


=仮想通貨初心者の方はこちら=
国内の主要取引所の一つ、Zaif。 NEMやモナコインを板取引で購入できる。また最近話題のZaifトークンはここだけ!もちろんBTC,ETHもアリ。


最初に登録する人が多い「コインチェック」。 セキュリティ面も万全、取扱通貨も何と12種類。使いやすいスマホアプリで簡単に購入できる。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin