副業サラリーマン投資!仮想通貨テンバガーブログ

サラリーマン&アフィリエイター&なんちゃって投資家として資産倍増を狙う

節約する前に通信費を見直そう!格安スマホ(MVNO)なら半額以下で使えることも!

calendar

サラリーマンや主婦の方で、月々の資金繰りで頭を抱えている人も多いだろう。ある程度決まった家計の収入において、貯金もしなければならないと考えると節約も必要になってくるだろう。

そんな人は、このツイートを読んでどう考えるだろうか?

携帯キャリア(docomo,au,Softbank)で契約するな、と言っているわけではない。使用状況によってはその方が安くつく可能性もあるよ、というのを伝えたいのだ。

「格安スマホ」というものを「よくわからないから」「調べるのが面倒」と言って知らないままに、比較もすることなくキャリアと契約し続けて高いお金を払っている人が多いと思う。

地方の方が普及していない印象、というのもその通りで、私が地方都市に在住しているが、MVNO(いわゆる格安スマホ)と契約している人というのは、周りにはほとんど居ない。

生活費を除いて貯金もし、ギリギリの状態だとして、さらに日常生活においてどんな工夫をする?となったときに、例えば…

・カップラーメンでランチ代を浮かす
・部屋の電気をこまめに消す

といった対策もいいと思うが、こういった日常生活に支障があるものよりも通信コストを見直す方が早いし効果的じゃない?と思う。

スポンサーリンク

情報収集力の違いが年収の違い?

先日、当ブログの別の記事でも引用したこのアンケート。
出てきた傾向が面白い。

年収が高い人の方が情報収集能力が高く、また効率や費用対効果を意識する傾向にある、といったところだろうか。年収の低い人こそ通信費を気にする必要があるのに、実際は真逆ということだ。

今やスマホが主流でみんなLINEでやり取りしており、またGmailもあるのでキャリアメール(docomo.ne.jpとか)なんて不要。また手続きはオンラインなので、店頭で待たされる事もない。

そして、通信費が安い!
私のように地方都市に住んでいると、通信速度も気にならない!

わからないことがあったらショップに行くような層は仕方ないとして、そうじゃなければ検討の余地は十分にあるはずだ。キャリア契約とMVNOを比較検討した上で使っているなら理解できるけど、そうじゃない人はもったいない!

料金で比較してみる

私はFREETELというMVNOを使っている。
月々の利用料はこんな感じ。
データ通信は毎月、10GB弱。

これを見てどう思うだろうか。
キャリアと契約している人は、この倍以上を支払っているだろう。

ここから内訳を見てみる。

FREETELは、基本的にSIMカード(スマホに刺す通信カード)の申込となる。
通信費用を表した画像はこちら。

最初にプランを決めるわけではなく、毎月使った量のテーブルで請求されるので無駄が無い。
そして、データ通信のみのコース以外にも、音声通話機能有りやSMS付きのコースも選べる。
(SMSが使えないデメリットを上げる人も多いが、FREETELは使える)

ちなみに私の場合、データ通信+SMS+音声通話のセットで使っており、データ通信はいつも10GB弱なので、月額3,170円。
これに、たまに電話をした時に通話料が加算されるだけだ。

ちなみにこちらがdocomoの「パケットパック」の通信料金。
上にあるFREETELの通信費と比べると、高いなあと思うだろう。

パケット通信のみで、5GBで5,000円である。これに基本料金とかいろいろプラスとなると考えると…。
(FREETELなら5GBであれば2,000円ちょっとだ)

そしてスマホ本体だが、SIMフリー端末を用意する必要がある。
私はiPhoneSEを使っているが、FREETELオリジナルの端末であれば格安で購入できる。

情報収集のスキル

繰り返しになるが、「キャリアで契約しているから情報弱者」というコトではないので念のため。利用状況によっては格安スマホの方が高くなる可能性もある。

この記事で言いたかったのはそこではなく「自分の携帯利用スタイルを踏まえて比較検討し、最適なものにすべき!」ということである。

私の場合、
・音声通話はほとんど使わない
 (けど一応電話番号とSMSは欲しい)
・データ通信は容量を気にせず使いたい
・iPhoneが使いたい

ということで比較検討し、結果的にFREETELで契約した。
(通信速度が心配だったが、周りにMVNOを使っている人が居なかったので、訪日外国人向けに売っているFREETELの7日間限定SIMカードを買って試した)

今時だと、「電話はほとんどLINE通話で済ます」という人は多いだろう。それであればFREETELでも「データ通信のみ」で問題ないはず。子供のスマホ代を負担している親は特にMVNOを調べてみるべきでは?
(安物のスマホがイヤだと子供が言うなら、SIMフリーのiPhoneを与えればよい!)

こうして家族4人分の通信費で考えると、月額で見ると1万円以上は下がるだろう。
なのに、これだけテレビでMVNOのCMをしているのになかなか普及しないのが疑問だ…。

これを読んで興味を持ったら、ぜひ一度調べてみてほしい。
ちなみにMVNOもいろいろあるが、私も使っているFREETELオススメする。

下記を読んで気になるなら同社の検討の余地アリ!
・データ通信は使った分だけの請求
・音声通話やSMSも使えるプランあり
・今の電話番号を移転できる
・docomo回線使用
・管理用のスマホアプリが使いやすい
・格安のスマホ端末もあり
・LINE、Twitter、Instagramが無料(条件により)

特に最後のSNS無料について。
公式ページから画像引用。

特にこのSNS無料については、アプリと使い方、プランにより異なるのでぜひチェックして欲しい。

詳細はこちらからどうぞ


=仮想通貨初心者の方はこちら=
国内の主要取引所の一つ、Zaif。 NEMやモナコインを板取引で購入できる。また最近話題のZaifトークンはここだけ!もちろんBTC,ETHもアリ。


最初に登録する人が多い「コインチェック」。 セキュリティ面も万全、取扱通貨も何と12種類。使いやすいスマホアプリで簡単に購入できる。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin