【2017/7/1〜7/8】アルトコインが急落してきたけど長期ホルダーなので気にしない…

7月の第一週が終了。
やっぱり4月〜5月の、ほとんどの仮想通貨が爆上げしたのを経験しているので、ここ最近の上がりもせず微減している感じがモノ足りないなあと思いつつ、時々チャートをチェックしているような日々だ。

ということで今週の、私の保有する仮想通貨総額推移を記録しておく。

円建てで1500万円近くまで落ち込む・・・

早速いつものBlockfolioの画像を。
ちなみに今週はトレードを何もしていないので、純粋に資産の推移のみとなる。

週の中旬頃に上がりかけたが、金曜からまた下がり始めた。
どうしようもないのでそのまま放置中。
この後どうなるんだろう?
長期で保有するので上昇や下落には反応しないつもりだが、やっぱり心配になるよなあ。

BTC建てで見ると・・・

ちなみに、こちらは当ブログでも初めて公開するが、同じ期間で同じタイミングでの「BTC建て」の推移も貼っておく。

BTC建てというのは最近私も意識をし始めたので、はじめて貼付けした。ご覧頂ければわかるように、円建ての場合とほぼ連動した値動きになっている。週の中旬頃は62BTCだったのが現時点では55BTC。

通貨別の内訳(円建て)画面を見るとわかりやすい。
アルトコインは軒並み下落率が高いが、BTCだけはそうでもなかったりする。

・・・と考えると、ここ数日アルトコインをBTCにしておけば下落もある程度防げた、ということになるが、さすがにハードフォークが〜と言われているこのタイミングでそんな大胆なことはできない。

このBTC建てというのは興味深いので、今後は円建てと合わせて記録していこうと思う。

長期ホルダーは相場チェックはほどほどに

このブログでも何度か書いているが、私は基本的に長期保有志向であり、基本的にしばらくは(少なくとも1年は)売るつもりはない。売るとしたらお金が必要になったときか、原資割れしたときくらいだろうか・・・。

もちろんその期間で、状況等を見ながら他の通貨に持ち換えすることは今までもあったが、最近はそれもしないようにしている。

そう考えると、毎日チャートを眺める必要はない。
例えば明日XRPが2倍になったら嬉しいけど、それでも多分売らないのだから、極端に言うと途中経過であり意味は無い。1年後に下がっているかもしれないし。

それでも日々チャートを追ってしまうのは悲しい性なのだが、仮想通貨の動向自体に興味があるから、というのもある。

長期保有志向の方はこちらの記事が参考になると思う。

仮想通貨疲れを感じたらチャートと相場を投げ出して休もう/貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ

ホールド層にとっては、チャートを見れば見るほど実生活も身体も精神も壊れていくと感じています。おまけに値動きが大きくなれば握力も弱まって、目先の値上がりしてる通貨に乗換えたりすることになります。
おそらく、こんなんじゃ良い結果を出すことは難しいんじゃないかな?

ホントそう。
頻繁にチェックし続けるといろんな邪念(?)が出て来て、握力が弱まるのは間違いない。これは相場が上昇している時よりも、暴落している時の方が顕著だろう。私も何度か狼狽売りをしてしまいそうになり、堪えてきた(笑)。

私もちょこちょこチェックはしているが、以前よりは頻度は格段に減った。情報収集もほどほどにしつつ、他にもいろいろ目を向けていこうと思う。

…けどこの8月でビットコインはどうなるのか?
それに連動してアルトコインはどのように推移するのか?
目が離せない。