【2017/7/9〜7/15】遂にビットコイン下落により、BTCを安く手に入れるチャンスか?

激動の一週間を終えた。
先週落ちかけていた仮想通貨の保有資産額が、さらに今週ガクっと落ちてしまった。まさにナイアガラ!

この一週間の、私の保有資産推移をまずはご覧頂きたい。

1600万円あったものが、週の半ばまでに1200万円を切った。
その後「回復したか!?」と一瞬思ったのもつかの間、週末にまた下がってしまった。

まあ原因は、8月1日のビットコインのハードフォークを懸念した利確が殺到している、ということだろう。

ビットコインの分裂騒動

今回の分裂騒動。
私は情報をそこまで追いかけられてないので、正直よくわからない。
中途半端なことを書いても逆に誤解を生んでも行けないので、専門的なところは書かない!

とにかく、今あるビットコインが分裂しそうということ。
2016年のイーサリアムのハードフォークの時とは異なる状況なので、どうなるのかわからない。しかし、暴落がこれで終わるとは思えないのが心配なところだ。

今週の動きで気になるのは、各アルトコインの対BTCでの動向。
先ほどの1週間チャートをBTC建てで一週間を見るとこんな感じ。

円建てとBTC建てで動きが連動しているように見えるが、週末の大暴落時に対BTCに関しては上がっている。

7月15日(土)の、1日の対BTC推移を見るとわかりやすい。
右肩上がり!

アルトコインに比べてビットコインの下げ率は少なかったのが、ここに来てビットコインが暴落してきたという流れ。これは興味深い。

仮想通貨の価値が落ちているのではない

個人的にはこのハードフォーク騒動は、大した事ではないという風に見ている。
(というか、そう思うようにしている)

税金の問題がなければ一旦利益確定していたと思うが(笑)、基本的には数年後までの長期保有。なので、これから8月に向けてもう1段階、2段階の下げが起きるのでは?という覚悟はしている。
円建てて見ると1000万円を切るかもなあと思っている。

今回のこのハードフォーク騒動だが、いろいろ情報を見る限りはマイナーの意見の対立というものが原因だが、我々はその経過を見守るしかない。いろいろ対立してはいるけど、ビットコインのシステム(…と表現すれば良いのか??)が終了するようなことはないので、一時的には下がるだろうけど、ニーズはあるので結局また上昇して行くはずだと考えている。

そしてもっと言うと、各アルトコインは自身のネガティブ要因により下げているわけではなく、BTCの影響で一時的に下がっているとしか思えない。

世の中的には仮想通貨=ビットコインであり、BTC決済対応のお店がどんどん発表されてきている。そんな中でこの現在の局面は、むしろBTCを安く手に入れるチャンス。

ビットコインが今後どこまで落ちるのかがわからないが、タイミングを見計らって一部をビットコインに換えたいと思いつつ、BTC建てのチャートを眺めているところだ。

今の私の気持ちは、これに尽きる。

そう!
今は仮想通貨に対して円の価値が上がっているというだけ。
まあハードフォーク問題が落ち着いたら、それぞれが適正な金額に戻るんじゃないかなー。

幸いな事に、含み益がゼロになるにはまだまだ余裕がある。
ドキドキしながら推移を見守って行きたいと思う。