副業サラリーマン投資!仮想通貨テンバガーブログ

サラリーマン&アフィリエイター&なんちゃって投資家として資産倍増を狙う

【Google推奨】新規のWordPressブログを、無料で常時SSL対応する方法

calendar

Googleが推奨する「常時SSL化」。
何だか敷居が高そうだけど、私でもカンタンにできるレベルなので、この記事で紹介する。

もちろんブログ運営で一番重要なのはその内容である。しかし、せっかくブログを書くならGoogleで上位表示したいもの。それができる可能性があるなら、きちんと対応しておきたいものだ。

ただし、当たり前だがこれをすることで検索順位が上がると断言できるものではない。表示順位を決定するためのアルゴリズムにおいて、「常時SSL」かどうかが判断の一つに加えられるということに過ぎないので念のため。

後から変更することもできるけどその手間を考えると、もし今からブログを始めるなら間違いなくSSLを導入しておくべき!というわけで、ブログ初心者でも簡単にできるSSL対応について紹介する。

スポンサーリンク

SSLとは?

SSLとはインターネット上でやりとりされる情報を暗号化し第三者によるデータの盗聴・改ざんを防止する技術のことです。
万が一、情報が盗聴・傍受されても、暗号化されているため中身を解読することはできません。
インターネットに潜む「盗聴」「なりすまし」「改ざん」「否認」。
これらの危険性を回避するために有効なのがSSLサーバ証明書です。

SSLサーバ証明書があればID・パスワードやクレジットカード情報など他人に知られたく無い大切なデータを安全にやりとりする事ができます。大切なデータを守るだけではなく、SSLサーバ証明書を導入することでお客様が安心感を持って利用していただけるという利点もあります。

SSLサーバ証明書とはより引用

・・・というのが一般的な説明。
SSLとは「Secure Sockets Layer」の略で、申込フォームなどのページは以前から認証されているものが多かったが、それをサイト全体に広げていこうという流れである。

そのページがSSL認証されているかは、WEBブラウザのURL欄で簡単に確認することができる。通常はURLの頭が「http」だが、認証されている場合は「https」となる
Google ChromeのURL欄を例に挙げると・・・

認証されていない例

認証されている例

このように、当ブログ(bitoff.net)もSSLに対応している。
ブログ開設時からのことなので、SSL化による恩恵を受けているのかどうかはもちろんわからない。しかし、Googleが推奨するからには今後のWEB界隈の方向性を示唆していると言っても過言ではないと思い、せっかくなのでやってみたというわけだ。

新たに始めるならSSL対応すべき理由

SSL認証といってもピンからキリまで。
「どこの機関がSSL認証しているか」によって料金が変わるからだ。

有名なところだと、グローバルサイン社のものだと1年で59,800円。これは一つのドメイン且つ1つのIPアドレスに対してであり、サブドメイン対応や複数ドメイン対応等により金額が変わる。

他にも認証機関はあるが、やはり個人で導入するには割高である。

しかし、ここ最近はSSLの導入もリーズナブルになってきており、レンタルサーバーの共用プランに組み込んでいる例も出てきた。Googleの方針により高まるニーズを受けてのものだと思われるが、通常のレンタルサーバー料金でSSL対応できるのだから導入しない手はないだろう。

ここで一つ問題が。
既存のブログが「http」頭のドメインだとして、それを後からSSL化するとURLが「https」頭になる。

するとどうなるかというと、形としてはURL変更と同じ扱いになるのだ。

よって、Googleのインデックスや被リンクなどの資産がゼロになる。
転送などによりそれらを引き継ぐ設定もできるが、一時的にでもアクセスが落ちる懸念もあり、既存のブログをSSL化するのに躊躇する人も多いそうだ。

なのでやはり、独自ドメインで今からブログを始めるならSSL対応しておくべき!となる。

リーズナブルにSSL化できるサーバー

新規ブログを開設するならSSL化がお勧めだが、当然ながらブログサービス(はてなやライブドア等)で開設する場合はそのサービスに従うしかない。

というわけで最後に、独自ドメインでWordPressブログを開設する前提で、リーズナブルなSSL対応プランがあるレンタルサーバーを二つ紹介する。これからブログをオープンする人はぜひ参考にして欲しい。

エックスサーバー

ブロガーの利用率も高い、エックスサーバー
現在、全サーバープランでSSLを無料・無制限で利用できる。スタンダードプラン(X10)であればサーバー代の月1,000円だけでSSL対応可能。このグレードのサーバーで無料SSLをはじめたのはここが最初だと思う。

さらに今ならキャンペーン中で、新規契約するとドメインが一つ無料で使える。
このブログ(bitoff.net)もこれを使ってSSL対応している。設定も簡単で困ることはないし、接続速度も問題ない。

エックスサーバーの詳細はこちらから。

ロリポップ!

こちらもレンタルサーバーの定番であるロリポサーバー
エックスサーバーに続いて、無料共用SSLを開始している。

WordPressブログを構築できるプランであれば、月額250円から利用可能。SSLは無料なので実質この月額のみ。サーバー速度も気になった事はないが、ある程度増えてくるとエックスサーバーの方が安心かもしれない。

ちなみに私は雑記ブログでこのサーバーを数年使っており、SSL化をしたいと思っていたところでこのサービスが始まったので検討中。

ロリポップ!の詳細はこちらから。


=仮想通貨初心者の方はこちら=
国内の主要取引所の一つ、Zaif。 NEMやモナコインを板取引で購入できる。また最近話題のZaifトークンはここだけ!もちろんBTC,ETHもアリ。


最初に登録する人が多い「コインチェック」。 セキュリティ面も万全、取扱通貨も何と12種類。使いやすいスマホアプリで簡単に購入できる。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin