副業サラリーマン投資!仮想通貨テンバガーブログ

アフィリエイトで稼いで仮想通貨を中心に投資

独自ドメイン利用可能ブログ徹底比較/ライブドアブログ・FC2ブログPro・はてなブログPro

calendar

reload

Googleアドセンスが、独自ドメインのサイトしか審査が通らなくなっているようだ。気になっていろいろ調べたが、2016年の春頃からそうなった模様。

Googleアドセンスの審査が独自ドメインでしか申し込むことができなくなりました。

これまでは多くの無料ブログが採用しているサブドメイン形式やサブディレクトリ形式でもアドセンスの審査に申し込むことができていたのですが、2016年3月上旬頃からついに、サブドメイン形式やサブディレクトリ形式での審査申し込みができなくなってしまいました。
(中略)
今後は、Googleアドセンスの審査は独自ドメイン形式のブログ(またはサイト)でしか審査の申し込みができません。
Googleアドセンス審査が独自ドメイン必須に!無料ブログは不可

ちなみに無料ブログが不可なのではなく、厳密に言うと「サブドメイン形式やサブディレクトリ形式のブログが利用不可になった」ということになる。

・サブドメイン形式 http://●●●.bitoff.net
・サブディレクトリ形式 http://bitoff.net/●●●
   ※●●●の部分に各ユーザーのID等が入る形式

この形式のURLは、元のドメイン(上記の場合はbitoff.net)を間借りしているような状態である。これだと審査を通過できない。

というわけで、Googleアドセンス広告を導入したい場合は独自ドメインを取得する必要があるということになる。

スポンサーリンク

独自ドメインでブログを運営する方法

ブログ運営において独自ドメインを取得することは、私も以前からオススメしていた。このブログも「bitoff.net」というドメインを取得している。

独自ドメインでブログを運営する方法は、大きく分けて2通りある。

①レンタルサーバーにWordPressをインストール

月額制のレンタルサーバーを契約し、独自ドメインを設定する。ここでブログを運営するのに最適なのが「WordPress」だ。サーバーにWordPressをインストールすることで、ブログサービスのように利用できる。

デザインや仕様、機能などにおいて、自由度の高いブログ運営が可能となるのが一番のメリットである。

②既存のブログサービスに独自ドメインを設定する

無料ブログをそのまま使うと、前述したようなサブドメインやサブディレクトリ形式のURLとなってしまう。

しかし無料ブログの中には、別途オプション(ライブドアブログ以外は有料)で、自身の保有する独自ドメインを割り当てることができるものがある。

使い慣れたブログ運営環境で独自ドメインブログを運営したい場合には最適な方法だが、もちろんそのブログの規約やルール、仕様に沿って利用する必要がある。

この記事では、②の既存ブログサービス利用を前提とし、各ブログの独自ドメイン利用可能プランの特長について見ていきたい。

独自ドメインが使えないブログサービス

その前に、知名度のあるブログサービスでも「これはダメ」というのを先に紹介しておきたい。

ただしあくまで今回の記事の趣旨(独自ドメインでブログ運営)に対しての評価であり、ブログサービスとしては素晴らしいものであることを付け加えておく。

LINEBLOG
芸能人ブログで急成長中のラインブログ。こちらは無料プランのみで独自ドメインを使うことができないので対象外とする。

ちなみに「掲載できない業態、サービスの具体例」として書かれている具体例が非常に多く、一部を挙げても、コンプレックス商材、医療関連、古物、アダルト、出会い、宗教、クレジット、銀行カード、ローン、金融商品、消費者金融・・・。
ここまで規約が多かったら、、もし今後ドメイン利用が解禁されても使い道がないだろう。

Amebaブログ
元祖・芸能人ブログといえばここ。
こちらもアドセンス広告がそもそも掲載できず、また独自ドメイン設置も不可なので対象外。

というわけでこれ以降、独自ドメインを使う事が出来るブログサービスを紹介していく。

livedoorブログ

ライブドアがLINEに吸収されたのに伴い、ライブドアブログというブランド名は残しつつも、実質の運営はLINEである。以前は有料プランにもランクがいくつかあったが、現在は「全て無料化」された。一番高かった月額1,890円の機能が全て無料となったのだ。

この画像はあくまで「無料ブログ」としての観点での比較表。

無料のブログサービスで、独自ドメインを割り当てられる貴重な存在。
ただしこれにもカラクリがあり、PCではなくスマホ広告は、運営側の設置した広告が一番いい位置(タイトル下あたり)を占有している。

もちろん自身の広告を貼ることもできるが、スマホビューの配置は決められているので、タイトル下が使えないのは勿体ないことこの上ない。

個人的には好きなブログサービスなので、スマホ広告がオフになる有料プランを新設してほしいところだ。

FC2ブログPro

無料ブログの中でもかなり多くの人に使われているのがFC2ブログである。特に、無料ブログでアダルトコンテンツOKというのが大きな強みだ。

こちらは無料のままだと独自ドメインは使えない。そこで登場したのが有料版「FC2ブログPro」である。有料版の主な機能はこちら。

独自ドメインが使えるのに加え、やはり「スマホ広告無し」というのが大きい。これは明らかに、ライブドアブログを意識している。PCとスマホそれぞれのテンプレートを自由に弄ることができ、広告タグも好きなように配置できる。

月額300円だが、年間契約を行うことにより若干の値引きがあり。その場合、月あたりだに換算すると275円。いずれにしても非常にリーズナブルに、独自ドメインブログを運営可能となる。

ただし注意点として、FC2ブログProで使えるのは「FC2ドメイン」で管理されているドメインに限る点である。なので、新規でドメイン取得する場合はFC2ドメインで!

すでに保有しているドメインを使いたい場合、FC2ドメインに移管しなけらばならないので、そこはデメリットと言えるだろう。

はてなブログPro

特にブロガーに人気のはてなブログ。
はてなブックマーク(はてブ)機能などにより、既存ブログサービスを使ういろんなメリットが集約されていると言えるだろう。

こちらも有料版として「はてなブログPro」が提供されている。Proでは独自ドメインを設定でき、また広告も非表示となる仕様。
他にもさまざまなメリットがある。

そしてProの費用は下記の通り。

単月契約もできるがかなり割高に感じてしまうだろう。2年契約にすれば月あたり600円。とは言えいきなり2年というとも気がひけるだろうし、悩ましいところだ。

また、FC2やライブドアブログに比べてテンプレートの選択肢が少ないところもデメリットかもしれない。

どのブログサービスを使うかしっかり検討する

もちろん他にもブログサービスはあるが、独自ドメインで運用してアドセンス収益を得るという前提で、ここでは代表的な3つを挙げた。

どれも共通の事項として、そのブログサービスの規約に準ずる必要がある点に気をつけて欲しい。記事の内容や表現、また広告に関する取り決めなどそれぞれ異なる。

また、当然ながらGoogleアドセンスの規約についても細心の注意が必要だ。

ちなみに上記に書いた金額は、あくまで「ブログを利用する」ための料金となっている。よって、独自ドメイン運用する場合はドメイン利用料が別で必要となるのでご注意願いたい。
※要するに、ライブドアブログであればドメイン代だけで利用できるということである。

独自ドメインは、FC2ブログの有料プランを使う場合はFC2ドメインで。

それ以外のブログであればどこでも良いが、私はいつもムームードメインでドメイン取得・管理を行なっている。管理画面が使いやすいのでオススメだ。

以上、ブログサービスで独自ドメインブログを運営したい場合に、参考にして頂ければ幸いだ。


=仮想通貨初心者の方はこちら=
国内の主要取引所の一つ、Zaif。 NEMやモナコインを板取引で購入できる。また最近話題のZaifトークンはここだけ!もちろんBTC,ETHもアリ。


最初に登録する人が多い「コインチェック」。 セキュリティ面も万全、取扱通貨も何と12種類。使いやすいスマホアプリで簡単に購入できる。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin