副業サラリーマン投資!仮想通貨テンバガーブログ

アフィリエイトで稼いで仮想通貨を中心に投資

仮想通貨管理ツール「Coinboard」のAPI連携方法(Zaif編)

calendar

先日紹介した、仮想通貨ポートフォリオ管理ツール「Coinboard」。

【Coinboard】まさに仮想通貨版「マネーフォワード」的ツール!自動更新でポートフォリオ管理!

仮想通貨取引所とAPI連携することにより、取引所から情報を自動取得・自動更新してくれるのが最大の強みである。トレードを行ったらそれがCoinboardに反映されるのだ。

Coinboardの登録方法や詳細は上記記事へ。
この記事では、取引所Zaifとの連携方法を紹介する。

スポンサーリンク

Zaifから連携に必要がAPIキーを取り出す

まずはZaifへアクセスし、ログインする。
 ※こちらからアカウント解説。

画面上部メニューの「アカウント」へ入る。
「各種サービス」内の「開発者向けAPI」をクリック。

ここの画面で設定を行うのだが、まずは画面下にスクロールし、2FA(2段階認証)の6桁数字を入力する。
(万が一、二段階認証を設定していない人が居たら、その前に必ず設定しておく事!!)

Create Keyの画面となる。
Nameは何でも良いので、わかりやすいように「Coinboard」にしてみた。
Permsは「Info」のみをチェックし「Create」ボタンをクリック。

ちなみに、「何を連携するか」のチェックなのでInfo=情報のみとした。
万が一乗っ取りなどに会ってしまった場合も、勝手に送金されたりすることもなくなる。

APIキーが表示された。
これをCoinboardとの連携に使用する。

CoinboardにAPIキーを入力してZaifと連携

Coinboardにログインした状態で、「取引所API連携」の画面へ。

取引所はZaifを選択。
その上で、下の項目を入力する。

APIキー = key
APIシークレット = secret

先ほどのZaifの画面からコピペして、「連携」ボタンをクリックすると…

これで連携完了。

WEBブラウザを更新すると…

「アカウント別資産内訳」として、Zaifの情報が反映されているのが確認できる。既にCoincheckとも連携していたので、CoincheckとZaifの資産比率が表示されている状態。

是非お試しあれ!


Coinboardの登録方法
 →【Coinboard】まさに仮想通貨版「マネーフォワード」的ツール!自動更新でポートフォリオ管理!

CoinboardとZaifの連携方法
仮想通貨管理ツール「Coinboard」のAPI連携方法(Coincheck編)


=仮想通貨初心者の方はこちら=
国内の主要取引所の一つ、Zaif。 NEMやモナコインを板取引で購入できる。また最近話題のZaifトークンはここだけ!もちろんBTC,ETHもアリ。


最初に登録する人が多い「コインチェック」。 セキュリティ面も万全、取扱通貨も何と12種類。使いやすいスマホアプリで簡単に購入できる。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin