副業サラリーマン投資!仮想通貨テンバガーブログ

サラリーマン&アフィリエイター&なんちゃって投資家として資産倍増を狙う

新規WordPressブログを無料でSSL化!エックスサーバーで独自ドメインブログを開設する手順

calendar

ちょっと古い話題ではあるが、Googleの検索表示アルゴリズムにおいて、SSL対応サイトを優遇するという趣旨の発表があった。

SSLの専門的な説明は避けるが、URLの頭が「http」であれば通常のページ、「https」であればSSL化されたページという認識で問題ない。httpsのサイトというのは、わかりやすく言うと「セキュリティ的に安全」ということだ。

そうなると当然、既存のブログを早急にSSL化したいと思うのは当然。
しかしアフィリエイター・ブロガーの人達がこぞってSSL化したのかというと、そうでもない。その理由は、SSL化により一時的にアクセスが減るという弊害の報告がネット上にあることも大きな理由だろう。
まだそこまで重要視されていないという理由もある。

ただ間違いなく言えるのは、もし今から新規でブログを開設するのであれば、こうした弊害も無いので最初からSSL化したブログではじめるべきであるということだ。

実は当ブログは、このあたりのことも視野に入れて開設したという背景もある。というわけでこのブログの例を元に、新規でSSL対応ブログをWordPressで構築する手順について紹介したいと思う。

スポンサーリンク

新しいSSL化ブログならエックスサーバーで

SSL認証というと、年間数万円かかるのが当たり前だったのは過去の話。今ではリーズナブルなSSLプランも続々登場している。

そんな中、Googleの指針もあり個人ブログのSSLニーズも高まっていることもあり、何と独自ドメインでも無料で使えるSSLを用意しているレンタルサーバーがある。

それが、ブロガーやアフィリエイターにもお馴染みのエックスサーバーだ。

そもそもSSLの値段の違いは「誰が認証しているか」の違いにすぎず、セキュリティレベルは金額関係なく同じ。であれば、個人ブログであれば無料のもので十分である。

その他、エックスサーバーの主な仕様はこの通り。

というわけで、私はエックスサーバーの利用を決定した。さらに、私が申し込んだのが丁度「ドメインプレゼントキャンペーン」のタイミングだったので、ドメインも無料でゲット。

ちなみに、SSLもドメインも更新料無料なので、エックスサーバーを使い続ける限りは費用を気にする必要はない。

まずは無料ユーザー登録

まずはエックスサーバーのサイトへアクセス。

画面の右側にある「お申し込みはこちら」をクリック。

初めてなので「サーバー新規お申し込み」をクリックすると、申込フォームへ遷移する。

IDを決定。
これは、他のユーザーと重ならない文字列で。
プランは、まずは一番安い「X10」を選択。
あとは会員情報を下まで入力して行く。

全て入力したら「お申し込み内容の確認」をクリック。
その後確認画面が表示されるので実行すると、登録したアドレスに確認メールが届く。

サーバー代の支払い

トップページに戻り、右上「ログイン」欄のインフォパネルをクリック。

ログイン画面に遷移する。
先ほど登録したIDまたはメールアドレスと、パスワードを入力。

インフォパネルに入ることができたら、左側メニュー欄より「料金のお支払い」をクリック。

※10日間は無料で利用できる。その期間中であれば、使ってみてもし「イマイチ」と思ったら支払は不要。
(ここでは、テストの上で本申込を決定した上での手順を紹介する)

先ほど設定したIDを選択し、更新期間を選択。
期間により割安になる。私は最も安くなる36ヶ月コースを選択した。

36ヶ月=3年間の契約となる。
金額をきちんと確認し、あとはクレジットカード等での支払手続きを行う。

独自ドメインの取得と設定

続いてドメインの設定をする。
今回はドメインプレゼントキャンペーン期間中にサーバー新規契約を行ったので、まずは特典の独自ドメインを取得するところから紹介する。

※もしドメインプレゼントキャンペーン中ではない場合、また別のレジストラで管理したい場合は、別途独自ドメインを手配しておくこと。

左側のメニューから「キャンペーンドメイン」をクリック。
(プレゼントドメインではないので注意)

対象サーバーID(先ほど決定したもの)を選択し、取得したいドメインを入力し「検索」ボタンを押す。

希望のドメインが決まったら、「キャンペーンドメイン申請」。

これでドメインが追加された。
「ドメインパネル」をクリック。

ドメインパネルに入ったら、「ドメイン設定」をクリック。

先ほど取得したドメインを入力し、「ドメインの追加」をクリック。

エックスサーバーの無料SSLを設定

ドメイン欄から「SSL設定」をクリック。

先ほど取得したドメインを選択。
その下「CSR情報」は入力する必要はない。
「独自SSLの設定」をクリック。

これでSSL設定は完了である。
試しにhttpsでブログにアクセスしてみると・・・

こんな感じになる。
サーバーへの反映が完了するまで1時間程度かかる。

WordPressを簡単インストール

その間にWordPressをインストールしておこう。
管理パネルに戻る。

左側メニュー「自動インストール」をクリック。

1番上にあるWordPressを選択。

インストールURLは、希望のドメインを選ぶ。
その末尾欄は、通常は空欄のままで問題無い。
それ以外も入力していく。

データベースは「自動」を選択。
最後に「インストール」をクリック。
これだけの操作で、自動インストールされる。

完了したらWorePressのログイン画面へ。
通常は https://●●●.com/wp-admin でアクセスできる。

先ほど設定したWordPressのユーザー名またはメールアドレス、及びパスワードでログイン。

左側メニュー欄の「設定」→「一般」へ。
設定画面の真ん中あたりを確認。

WordPressアドレスと、サイトアドレス部分を、「http」を「https」に修正。

WordPressの管理画面URLが「https」になっているのを確認する。

今からブログを始めるならSSL化は必須

上記の手順でエックスサーバーを使う事で、「独自ドメイン」を使った「SSL認証済み」の「WordPress」ブログを開設することができる。ここまでできればブログ環境は完成なので、あとはどんどんブログ記事を投稿していくだけだ。

間違いなく言える事は、これからブログを新たに開設するにはSSL化は必須であるということ。
Googleアドセンスを使うには独自ドメインが必須なので、そうなると現時点ではエックスサーバーが最強と言えるだろう。

エックスサーバーの詳細はこちらから


=仮想通貨初心者の方はこちら=
国内の主要取引所の一つ、Zaif。 NEMやモナコインを板取引で購入できる。また最近話題のZaifトークンはここだけ!もちろんBTC,ETHもアリ。


最初に登録する人が多い「コインチェック」。 セキュリティ面も万全、取扱通貨も何と12種類。使いやすいスマホアプリで簡単に購入できる。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin