海外の仮想通貨取引所・Cryptopia(クリプトピア)アカウント登録・送金手順(マイナー仮想通貨の宝庫)

仮想通貨の取引所はたくさんあるけど、今回紹介するのはニュージーランドの取引所・Cryptopia(クリプトピア)

なぜわざわざニュージーランドの取引所アカウントを開設するかというと、他の取引所にない超マイナーなコインがたくさん扱われているからだ。

私は「PAC」というコインを購入するために開設した。
詳細はこちらの記事を参照。
【投機】PACコイン3,700万枚をCryptopiaで購入。買いが買いを呼ぶマイナーコイン

海外取引所なので全て英語表記
なので初めての方はとっつきにくいと思うけど、やってみれば意外と大丈夫なものである。

とりあえず最初にアカウント登録して送金するまでの手順を、画面も交えて説明したいと思う。

登録前に…必要なもの

国内の取引所だと、本人確認書類(運転免許など)の画像アップロードなどが必要なのはご存知だろう。これは日本の法律により定められたルールなので、海外取引所の場合は基本的には不要である。

※「1日2BTC以内」という出金制限を解除したければ、別途提出が必要。だけどこれは後日でもいいし、私は提出したことがない。

とりあえず必要なのは、メールアドレス。
それだけ。

ちなみに住所氏名も入れていない(登録後に入力できるようになっているけど)。

強いて言えば必要なのは、国内の仮想通貨取引所アカウントくらいだろう。
Cryptopiaは当然、日本円を入金することはできない。そのため、国内取引所でビットコインを手に入れてここに送金する。

まあCryptopiaに興味を示している時点で、国内取引所は使ったことがあるとは思うけど念のため。

Cryptopiaアカウント開設手順

ここから、アカウント開設手順を説明する。
まずはCryptopiaへアクセス

登録画面が出てくるので入力していく。

User name:アカウントの名前を設定。何でも良い。
Email Address:メールアドレスを入力。
Password:ログインに使うパスワードを設定。
Confirm Password:上記を再度入力する。
Please choose〜Pincode:4桁から8桁の好きな番号を設定する。

特にパスワードは、8文字以上で数字混じりで、且つ、「!@#$%^%」いずれかの記号を混ぜたものにする必要があるので注意。

チェックボックス2箇所にチェックを入れ、ロボットではない認証を行った上で「Register」をクリックすると、先ほど登録したメールアドレスに確認メールが届く。

メール本文を見るとこんな感じ。

要するにこのメールアドレスが本人のものであるかの確認である。
「Verify my Email Address」ボタンをクリックすれば完了。

Cryptopiaログインについて

これで登録ができたので、ログインが可能となった。

基本的にはメールアドレスとパスワードでログインし、その上でPincodeを入力する必要がある。このPincodeを入力する手順は省略することもできるし、よりセキュリティを高めるためにGoogleAuthenticatorによる認証に変更することもできるのでご自由に。

ログインして「Exchange」画面に入るとこんな感じ。

全部英語なのでわかりにくいかもしれないけど、細かい操作については国内の「取引所形式」のZaifを使ったことがあれば直感的にわかるはず

Cryptopiaにビットコインを送金する

これでトレードできる環境は整った。
あとはここにお金を入れるだけ。

前述したように、国内取引所のように日本円を入金することはできないので、あなたが今持っているビットコインをCryptopiaへ送金する必要がある。

やり方は簡単。
まずはログイン後の画面上部ヘッダー部分を確認。
ここにある「B」マークから、「Deposit」をクリック。

するとコインの選択画面が現れる。

Selectのところをクリックするとコイン一覧が表示されるが、探すのは大変なので「BTC」と入れると引っかかる。

確認して選択する。
これ、間違えて別のコインにしたら届かない(戻ってこないだろう)ので、くれぐれも再確認を。

ビットコインであることを確認の上、「Next」ボタンをクリック。

これがCryptopiaの、あなたのBTCウォレットのアドレスである。
QRコードと、下にアドレスが表示されているので、ここに送金すれば良い。

上記はBTCで説明したが、Cryptopiaは他にもライトコイン(LTC)、ドージコイン(DOGE)建てのマーケットもある。
また、取扱通貨としてはイーサリアム(ETH)やNEM(XEM)などもあるので、あなたの保有コインや状況などを踏まえて、それで送金しても良い。

以上、アカウント開設から入金までをざっと説明した。
ここでしか買えないコインもあるので、いろいろ物色して見ると面白いかも!

Cryptopia(クリプトピア)はこちらから。