結局、将来有望と思うコインをウォレット保管しつつ、積立購入するのが最強じゃない?というお話

仮想通貨投資に一番邪魔なのは「感情」。
それを排除して、放置しておくのがいいんじゃない?

ビットコイン、または仮想通貨がテレビで取り上げられることが多くなった。1年前では考えられないことだ。

「持っているだけで儲かる」という印象が独り歩きしているような気がするけど、こうして普及することで欲しがる人が増えるのだから、いいことだと思う!

そんな中、ビットコインはこの記事を書いている時点では停滞気味となっており、2017年12月以降に仮想通貨を買い始めた「出川組」と呼ばれる人たちの中には、狼狽売りをしてしまった人も多いだろうな。

ホールドしておくのが最強!?

一応私は、1年以上は仮想通貨を保有しており、その間にはいろんな出来事があった。いろんな規制情報による急落、一晩で倍以上になったコイン、その後数か月にわたって停滞したコインが、満を持して急騰してみたり。

最近始めた人に比べると当然、いろんな出来事を見てきた。
そんなさまざまな事象を経て思ったのは「結局、売買せずにホールドしておけばよかった」ということだ。

人はなぜトレードするかと言うと、「円換算で資産を増やしたいから」「ビットコイン枚数を増やしたいから」だろう。だからこそ、あるコインが急騰しはじめたらその波に乗りたくなるし、下落しはじめると怖くなって早めに手放したくなる。

これは人間心理としては当然のこと。
「下落したら買い増しチャンス」とは言われるけど、「これは今後伸びる」と強く思わないと、下落局面での買い増しタイミングなんかわからないし怖い。

自身で納得した上で仮想通貨を購入する、ということ

情報収集力が高く、技術面でいろんな可能性を比較検討できる人、またはチャート分析能力に優れている人なんかはごく一部。
ほとんどの人が、そこまでの知識もなく「上がればいいな」で買っているだろう。

それであれば、感情に左右されてトレードしてもいいことは無い。
だってプロのトレーダーは、そういう人たちをカモにして利益を稼いでいるのだから!

というわけで、もし長期的に見て伸びそうと思うコインがあるなら、ヘタなことをせずにホールドしておくのが良いのでは?

ただしこれは、私の過去の経験上、こうしていれば一番よかったと思われるからでしかない。なのでもちろん保証はできないし、例えば半額以下になっても責任は取れない。

もしそうなれば私は、「今まで起きなかったことが今年起きちゃったんだ」と思ってあきらめる。

もちろんほんとにそうなったらすごく悔しいだろうけど、あきらめて笑い話に出来る程度のお金しか入れちゃいけないと思うなあ。「仮想通貨は余剰金で!」と言われるのはそういうことだ。

だから納得するためにも、私は自分で調べないとコインは買えない。
逆に「儲かりそうだから」というだけの理由で、人に勧められたコインを調べもせずに数十万円を入れる人はすごい
私にはできない。

ちなみに…
「ガチホで資産が増えたのは2017年までだ」という論調もあるみたいだけど、確かに2017年は極端だったので、理解できる。

けど…
やっぱり素人にとっては、トレードで資産を増やす方がはるかに難しい。これは間違いないと思うけどなー。

ウォレットで強制的にホールドする

コインを取引所に置いていると、スマホでいつでもトレードできる。
これはすごく便利な反面、狼狽売りしやすい環境である。便利になりすぎてそれが逆効果になっているというか。

なので、長期保有分はウォレットに入れておくことを推奨する。
もちろんこれは、セキュリティ上の観点的にもおススメ。

私の場合・・・
 ビットコイン(BTC) →Copay
 イーサリアム(ETH) →MyEtherWallet
 NEM(XEM) →NanoWallet

に保管している。

先日かなり暴落した際はさすがにいろいろ対策を考えたけど、結果的にウォレット内にあるコインは取り出すのにひと手間かかるので、結局放置していた。

しかしまあCopayも微妙だし、上記以外のコインは取引所に置いてしまっている。
自宅には以前買ったハードウェアウォレットがあるので、近日中にそこで管理する予定。

レンディング+コイン積立の組み合わせ

長期保有方法として、コインを貸すという方法もある。
どうせトレードしないのであれば、コインを貸して利子を貰おうというのがいわゆる「レンディング」と呼ばれるもの。

Coincheckの「貸仮想通貨サービス」は、2週間から1年の期間で選択できる。貸出中のコインはトレードできないため、強制的にホールドしてくれる仕組みだ。

このように、ウォレットで保管したりレンディングすることで長期ホールドしつつ、さらには無理のない程度にコインを積立購入していけば、相場下落時も楽しむことができる。

どうせ長期保有なんだから、今は下落してくれた方が枚数多く仕込めるのだ!

私も新規でまとまった日本円を投入するのは辞め、 Zaif のコイン積立購入を継続している。買い時がわからないからこそ、ドルコスト平均法が最強!

というわけで、目先の価格上下に一喜一憂するのもほどほどにしよう!
その分、いろんな情報収集でもした方が自分のためになる。

だって目先の金額が上がろうが下がろうが、自分が今知ったところで何の影響もないし!

…と言いつつも、どうしても値動きを見てしまうんだよなあ。
というわけで私も、相場チェックはほどほどにしようと思う。