サラリーマンでも副収入や仮想通貨利益が20万円以上あれば確定申告が必要だと、しつこく言っておく!

いよいよ確定申告の受付が開始!
自営業の人には毎年恒例の行事だが、年末調整のあるサラリーマンにはなかなか縁がない。

しかし、サラリーマンでも副収入の利益が年間20万円以上あれば、申告の義務がある。
副収入を得るサラリーマンを応援しているこのブログをご覧の方も、該当の人も多いはず。というか確定申告が必要なくらい稼げるようになるべき!

そして…
今年は何より、仮想通貨トレードの利益を申告しなければならないということで、ニュースでも話題になっている。

特に仮想通貨相場が大爆発した2017年は、大きな利益を上げた人も多いのではないだろうか?

確定申告とは…?

専門家ではないので、細かい法律やルールは他サイトに任せる。
とりあえず最低限知っておくべき内容を。

サラリーマンは年末に、生命保険やら何やらの金額を書類にまとめて会社に提出したはず。
これが「年末調整」ってやつ。

会社一筋の人は、これをするだけで終了。
あとは自動で、税金まで支払ってくれる。
というより、給与から税金を引かれた額を「手取り」として受け取ることになる。

対して、自営業者は「確定申告」が必要。
「これだけ売り上げがあり、これだけ経費として使ったのでこれだけ儲かった!」というのを税務署に申告し、その数字を元に税金を支払うのだ。自己申告制なので、ここで数字をごまかしたりした人が、後日立ち入り検査され、脱税が見つかる。

なので、サラリーマンの片手間で別の収入がある人は、サラリーマンとしての年末調整をした上で、片手間の収入分については税務署に確定申告を行う必要があるのだ。

その基準が「年間20万円以上」ということ。

改めて思うのは、確定申告をすると、一旦収入が全部自分の懐に入ってから、後日税金を支払う形なので、「納税」という意識が強くなる。

サラリーマンって確定申告が不要だから便利なようだけど、「本人に意識させずに強制的に税金を取る」という仕組みになっているのだなーと思う。給与から税金が引かれた額を受け取るのだから、よくできている!

面倒な計算、どうする?

そんな確定申告。
様々な計算や書類作成が手間だけど、今は便利なツールが存在する。

有名なのはこのあたりだろう。
 ・freee
 ・弥生の白色申告オンライン

こちらは、必要事項を入力していくと自動で書類作成をしてくれる優れもの。

ちなみに私も以前は「弥生」を使ったことがあるのだけど、今は税理士さんに任せている。
書類作成から申請までを行ってくれるので、楽チン。

これは人によるけど、私は単純に「お金を支払ってでも、楽な方を取った」ということだ。

仮想通貨の利益について

そして記事冒頭にも書いた、仮想通貨の売却益の申告
「どうすればいいんだ?」という人が多いようだ。

先日書いたこちらの記事も参照。
仮想通貨に関する税金ルールは、2017年9月には発表されていた。知らなかったじゃ済まされない。

2017年の、各取引所におけるトレード履歴を計算して利益を算出し、「雑所得」として確定申告を行う必要がある。
これって細かくトレードしている人は、かなり大変だ。

そんな中、2017年の11月以降、「仮想通貨のトレード計算」のサービスがいくつか出てきた。
「こういうサービスがあれば、ニーズはかなり高いだろうなあ」とは思っていたが、一気に各社がスタートしてレッドオーシャンになった感じかな。

ネットでざっと調べてみたので紹介しておく。
リンクを貼っているけど私が実際に使ったわけではないので、詳細はリンク先を参照のこと。

【有料サービス】
 ・GUARDIAN
 ・会計freee for 仮想通貨
 ・Crypto LinC

【無料サービス】
 ・Cryptact
 ・G-tax(GUARDIANの計算機能)
 ・Keiry
 ・BitTax

ちなみに私は、2017年10月に全て日本円にして出金したので、計算はシンプルだった。
その後仮想通貨トレードを再開してからは、全てExcelに履歴をつけて管理しており、2017年11月〜12月のトレード分はそのExcelでサクッと利益を算出した。

年末にまとめてやろうとすると大変だし、どこかで計算の辻褄が合わなくなることがあるけど、随時履歴を残していれば簡単だ。

というわけで、納税は国民の義務!
きちんと確定申告を行いましょう。