「世の中お金が全てじゃない」けど「お金が無いとどうにもならない」ことがたくさんあるよなぁ。

「小遣いが足りなければ、副業したらいいじゃん」
ということをこのブログでも書いているけど、この記事を読んだら悲しくなってきた。

夫の所持金は685円、妻のママ友ランチは2000円…43歳・困窮夫が抱いた妻への殺意

年収650万円(妻0円)子供2人というサラリーマンのお話。
一部引用。

子供の養育費に住宅ローンなど出費が最も多くなりがちなのが40代。少ない家計でやりくりしなければならず、「3年前に2人目の子供が生まれてから小遣いが一日700円から500円になった」。
(中略)
さらにタバコ代もここから捻出しなければならず、毎日のランチ代を300円と定め、コンビニで総菜パンやおにぎり、カップラーメンで凌いでいます。
(中略)
5年前に4000万円で購入したマンションの住宅ローンが負担になっているからです。だから、『家族のため』と耐えていましたが、専業主婦の嫁は自分に隠れて毎週2000円のランチを食べたりしている

支出を減らすのには限度がある

これを読んで、あなたは何を感じただろうか?
多分こんな感じだろう。

・身の丈に合ってない住宅ローンを組むからだ
・まずタバコを辞めろ
・妻にも働いてもらえば?

けど、こういう突っ込みどころ満載の家庭って意外と多いのかもしれない。

サラリーマンで年収685万円って、悪くない額だ。
なのに1日500円で過ごせとは!

とりあえず無駄な支出であるタバコを辞めれば、支出をこれ以上減らすことは難しそうなので(奥さんがこんな感じだと、直すのはムリでしょ)、やっぱり収入を増やすしかないのである。

収入を増やす方法

収入を増やす方法は、3通りある。

1.奥さんに働いてもらう
2.自分の給料を上げる
3.自分が副収入を得る

支出は仕方ないとして、このいずれかで収入を増やすしかない。

奥さんに働いてもらうのが一番手っ取り早いけど、まあこればかりは奥さん次第(笑)。
ムリな家庭だとどうしようもないだろうな。

給料を上げるには、頑張って生活残業をして残業代を稼ぐとか?
ものすごい成果を出して出世して給料を上げる

どちらにしても、ビックリするほど上がるのは難しいだろうなあ。

そう考えると、やっぱり「副収入を得る」が一番現実的じゃないかな。

視点を変えることが重要

冒頭にも書いたように、このブログでは「副業で稼げばいいじゃん」ということを頻繁に書いている。

世の中お金が全てじゃないというのは間違いない。
けど、お金がないとどうしようもないことってたくさんある。

これは何百万、何千万という規模の話だけではなく、例えば月の収入が3万円増えるだけで生活は変わるでしょ?
月3万円ということは、1日1000円を好きに使えるということ。さっき引用したサラリーマンであれば、ランチが総菜パンやカップラーメンじゃなく定食屋に行けるようになる。それだけでも大きな変化だ。

別に副業が全てじゃないし、他の価値観もあっていいと思う。
けど、サラリーマンでも考え方・物の見方を少し変えるだけで生活にゆとりがでるよ、というのを伝えたいなあ。