【MVNO】格安SIMのトップ5社を私の用途で比較!副業サラリーマンに最適な業者はどこ?

MVNOの「FREETEL」のSIMをiPhoneに刺して使っているのだが、残念ながら先日、楽天に買収されてしまったようだ。

FREETELユーザー向けに、楽天モバイル移転キャンペーンのメールが頻繁に届いているので、「そのうち楽天モバイルに集約されるんだろうなあ」と思っている。

なので今後の移転の参考に、いくつかのMVNO業者を比較してみた。
せっかくなのでメモしておく。

MVNO業者ランキング

乗り換えるなら、ある程度シェアがある方がいいだろうと思い、2017年秋のこちらの調査を参考にした、

メイン利用のMVNOシェアは8.5%(昨年10月は5.8%)、MVNOとY!mobileを合わせると格安SIMメイン利用シェアは12.4%に

この調査にあった、MVNO業者のランキング。

この中の上位5社で比較検討することに。
一応リンクを貼っておくので、気になる方はご参考に!

楽天モバイル
mineo
OCNモバイルONE
IIJmio
UQ mobile

MVNO5社 比較

もちろん利用条件によって、金額は異なる。
というわけで、ここはあくまで私の条件を元に比較してみる。

・回線契約のみ(iPhoneを使うので端末は不要)
・通信+音声契約
・月10GB程度、またはそれ以上使用

以下、この条件で5社を比較するのだが、まあ予想通りではあるけど、価格相場感はほぼ横並びだった。
10GBだと月額3,000円前後。

あとは業者によって、容量の区切りや細かい仕様が異なるので、メモとして引用して見た。ご参考まで。

楽天モバイル

・利用回線 docomo
・通信量繰越  翌月まで
・SIMカード追加  通信量が分け合える
・音声通話  30秒10円(専用アプリ利用単価)

MVNOのシェアトップのようだ。
楽天ならではのポイントプレゼントがいろいろある。
FREETELユーザーが今後流入してくるだろうから、さらにシェアは拡大するだろうな。

mineo

・利用回線 docomo,au(選択可能)
・通信量繰越  特に記載なし
・SIMカード追加  通信量が分け合える
・音声通話  30秒10円(専用アプリ利用単価)

こちらはauプランの料金。docomoはプラス90円。
関西電力グループのケイ・オプティコム社が運営。

OCNモバイルONE

・利用回線 docomo
・通信量繰越  翌月まで
・SIMカード追加  通信量が分け合える
・音声通話  30秒20円(通常時。別途、月額850円のかけ放題プランあり)

サイト上で料金シミュレーションができた。

ただし10GBを超えると、一気に4,850円に上がってしまう。
こちらはNTTコミュニケーションズが運営。

IIJmio

・利用回線 docomo・au
・通信量繰越  記載なし
・SIMカード追加  通信量が分け合える
・音声通話  30秒10円(専用アプリ利用単価)

docomo、auで選択できるが、いずれも同料金。
IIJ(インターネットイニシアティブ)が運営。

UQ mobile

・利用回線 au
・通信量繰越  記載なし
・SIMカード追加  記載なし
・音声通話  30秒20円(通常時。別途、月額850円のかけ放題プランあり)

通信量の基準が、私には中途半端だなあ。
5分以内の国内電話し放題を含んでいるので、音声通話を重視する人にはいいかも。
UQモバイルはテレビCMもよく流しているので、聞いたことあるという人も多いのでは?

用途に合わせた業者選びを!

私の利用傾向を元に比較をしてみたけど、当然、人によって異なる。
LINEとTwitterとインスタくらいしかしないという人もいるだろうし、音声通話をバリバリする人もいるだろう。

MVNOとか格安スマホと言っても、いろんな業者が参入してきている。
なので、あなたのスタイルに合わせた業者を選ぶことで、毎月の出費はかなり抑えられるはずだ。

とりあえず私は、FREETELを使いながら色々考えてみることにする!!