リクルートカードが改悪。電子マネーチャージのポイント加算上限が設定される。

数あるクレジットカードの中でも人気の、リクルートカード
私もメインで利用している。

このブログでもオススメ記事を書いたりしていたが、先日、残念なニュースが入ってきた。

まあそれを差し引いてもお得であることに変わりはないけど、いいところだけ紹介するのもアレなので、今回の「改悪」についても記録しておく。

ポイント加算制度の改悪について

リクルートカードは、利用に応じてリクルートポイント(1ポイントあたり1円として利用可能)がもらえる。
還元率1.2%という高さがウリ。

しかしそのポイント還元について、こんな発表があった。

リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

2018年4月16日(月)より、以下の対象となる電子マネーチャージご利用分については、ご利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となります。 合算で30,001円以上のご利用分はポイント加算の対象外となります。
なお、ご利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。
(中略)
対象となる電子マネーチャージ
【JCBブランド】
 nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
【Mastercard(R) / Visaブランド】
 nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

ポイント二重取りができなくなる

電子マネーにリクルートカードでチャージした場合、そのチャージ額も「カード利用」と見なされる
よって、まずチャージすることでリクルートポイントがもらえる。

今までは特に制限がなかったのだが、このポイント加算の上限が設定されるということである。

nanaco(ナナコ)にチャージしてリクルートポイントをもらい、そのnanacoを利用してnanacoポイントをもらうという「二重取り」パターンを私もずっと使っていたのだけど、それが月額30,000円までしか使えないということだ。

住民税などのコンビニ払い可能な税金を、nanacoを使ってお得に払うことができたのに!
月3万円までだとお得度が減るなあ…

※チャージ自体は上限は無い。あくまで「チャージに対するポイント加算の上限」である。

それでもお得なリクルートカード

とはいえ、私がよく使う「じゃらん」はポイント還元率4%以上だし、物販は極力「ポンパレモール」を使い、その他の普段使いも集約している。

まだまだお得なことに間違いなはいけど、こういったクレジットカードの仕様変更は珍しいことでは無いので、情報収集は大切だなあと改めて思う。

リクルートカードに関して、当ブログの詳細説明ページはこちら。
副業サラリーマンに最適なリクルートカード。還元率1.2%以上

リクルートカードの詳細はこちらのページ