Googleがhttpサイトに警告表示を開始!? SSL化が必須の時が来る

WEBサイトのSSL化について、ここ最近はよく取り上げられる。
最近もこの記事を読んだ。

リミット間近の「常時SSL」移行、5つのシナリオと陥りやすい落とし穴とは

Webサイトの全ページをSSL/TLSで暗号化する「常時SSL」(HTTPS)対応は、いよいよ待ったなしの状況となった。2018年7月に登場が予定される「Googele Chrome 68」では、従来のHTTPサイトを表示すると、ブラウザー側で警告が表示されるのだ。

<常時SSL化のメリット>
Web表示速度が高まる
訪問者数が増える
安心感が高まる
セキュリティが強化される
Webアプリ開発が効率化される
ログ解析の精度が上がる

SSL化を行うメリット

まあみなさんご存知だと思うが、SSL化することで、URLの頭の「http」が「https」になる。当ブログはOPENの時にSSL化をしたので問題ないのだが、私が運営している他のブログはhttpのままだ。

Googleが検索結果においてSSL対応サイトを優遇するということを明言している以上、そしてhttpサイトに警告が表示されてしまうようになることを踏まえると、結局いつかSSL化しなければならないのだろう。

早かれ遅かれどうせやるなら、さっさとやっておいた方がいいというのはわかっているけど、どうにも二の足を踏んでしまう。同じような人も多いだろう。

理由はだいたいこんな感じかな。
・作業が面倒臭い
・アクセスが(一時的にでも)落ちるから

SSL化を代行してくれるサービスを、サーバー運営会社が提供してくれたらいいのに、と思う。
やり方を間違えると、最悪の場合サイト自体が消えてしまうだろう。まあそこまでじゃなくてもアクセスが落ちるリスクがある。

検索順位が落ちなければいいけど…

ちなみに私が運営するサイト(このブログではない)で、ある言葉の組み合わせでGoogle検索1位のものがある
これはずっと、おそらく1年くらいずっとキープしているんじゃないかなー。
おかげでそこから登録してくれる人も多い。

ここにもう1つある1位の単語も、1位と2位を行ったり来たりしている。
これは私の財産と言えるものであり、WEB展開の中でもキモとなる部分なのだが、このサイトをSSL化したらどうだろう。
検索順位に影響があったら嫌だなー。だから迷っており今に至る状態なのだ。

同じドメインでも、httpとhttpsのサイトは「別サイト」扱いを受けるということなので、慎重に進めたいけど結局、いつかは移行しなければならない。

というわけで、今年中にはSSL化をしたいので、手順を勉強して少しずつ進めようと思う。