Twitterの「ユーザー名」変更のコツと、あまりオススメしない理由

Twitterのユーザー名変更を実際にやってみて、思ったことをまとめてみる。

ユーザー名とは、@が先頭に着く部分
このブログOPEN時から運用を続けてきたTwitterアカウントを、気分転換にユーザー名変更を行った・・・のだが、イマイチ馴染まないので結局、元に戻した。

というわけで、ユーザー名変更を検討している人の参考になればと思い、注意点などを書いておく。

Twitterユーザー名とは?名前とは違うの?

ツイッターのユーザー名とは?
プロフィール欄を確認。

赤い矢印をつけているのが「ユーザー名」。
@bitoff_net の部分。
ちなみにこのアカウントの、プロフィールページのURLは https://twitter.com/bitoff_net となる。

これは、Twitterへのログイン時にも使えるキーにもなり、同じ文字列の人はTwitter上には存在しない。そしてTwitterでは、ユーザー名を自由に変更することができる。

ちなみにその上の「PANDA」というのは、ただの名前。
ここも色々凝っている人もいるけど、いつでも簡単に自由に変えることができる。

で、ユーザー名変更に伴い、一番忘れてはいけないのがこれ。

旧ユーザー名は確保しておけ!

元々、@bitoff_net というユーザー名だったのだが、リアルとリンクしたものがいいなということで @morise96 に変更してみた。しかし、ちょっと経ってやっぱりイマイチだなと思い、 @bitoff_netに戻したという流れ。

変更自体は設定画面から、あっという間に完成する。

ここで注意。
@bitoff_net から @morise96 に変更したのだが、そうすると旧ユーザー名(@bitoff_net)は空きとなるため、誰でも取得できる状態となってしまう。

過去のツイート内にある旧ユーザー名はそのまま残るため、もし旧ユーザー名を他人に取られると、自分に興味を持ってくれた人を逃してしまうばかりか、場合によっては悪用されるかもしれない。

なので旧ユーザー名は、別で新規アカウントとして取得し、確保しておこう。私は昔作っていた放置アカウントで旧ユーザー名を取得し、このようにしておいた。

もちろんブログでTwitterユーザー名を紹介してくれていた場合等も同様。なのでやはり旧ユーザー名は自分で確保しておいた方が良いだろう。

ただ、そこで一つ知ったことが。

ユーザー名変更前のリプライには新ユーザー名が追加される

これは実際にやってみて初めて知った。
旧ユーザー名(@bitoff_net)の時にやりとりしたリプライに関しては、旧に加え新ユーザー名(@morise96)も追加されていた。

あくまでリプライという会話だからだろうか?
ユーザー名を変更しても、当然フォロワーや過去のツイート等の情報は引き継がれる。というより、あくまでユーザー名が変わるだけのこと。そんな中、新旧ユーザー名を踏まえた処理になっていたのはこの部分だけだった。

ユーザー名変更はオススメしない

結局、私の中でいろいろイマイチだったため、旧ユーザー名(@bitoff_net)に戻した。もちろんこれも、旧ユーザー名を自分で確保していたからこそできたこと。

最後に。
ユーザー名の変更は意外と簡単にできるけど、変えると色々面倒なのであまりオススメしない。なのでTwitterをこれから始める場合は、しっかり考えてユーザー名をつけるようにしよう。