現在の積立投資内訳を紹介(つみたてNISA・確定拠出年金・ロボアド)

2017年は仮想通貨の年だった。
そして2018年以降は「積立投資の年」にする!

「貯金はリスクがない」と言われつつも、円の価値が落ちてくると相対的に目減りしているようなもの。アフィリエイト等で稼いだ自分の資産はきちんと運用して増やしていきたいということで、今年から様々な積立投資をスタートしてみた。

サラリーマンの方でも、月1万円ずつでも実践できるものばかりなので、このページにまとめる。

毎月の積立額一覧

私が現在、積立を行なっているのは下記の通り。
毎月の積立額と合わせて紹介する。

つみたてNISA:30,000円
確定拠出年金:20,000円
ウェルスナビ:10,000円
THEO:10,000円

毎月の積立金額、合計70,000円。
もうちょっと増やすこともできるけど、今後他に興味深いサービスが出てくるかもしれないので、とりあえずこんな感じで運用している。

以下、簡単に解説を。

つみたてNISA・確定拠出年金

名前くらいは聞いたことがあるはず。
いずれも証券会社で申し込みでき、運用利益にかかる税金を免除してくれるというもの(金額に限度があるけど)。

つみたてNISAの詳細解説はこちらのページ
確定拠出年金の詳細解説はこちらのページ

どちらも投資信託を積立購入するという点では共通しているが、確定拠出年金はあくまで個人で運用する年金であるため、60歳になるまで原則、解約できないので注意。

ただ、いずれも個人の投資を促進するために国が減税してくれる制度なので、積極的に利用すべきだと思う。

ウェルスナビ・THEO

ロボアドバイザーによる国際分散投資を行なってくれるサービスである。米国株や新興国株をはじめとした様々な商品を、ロボアドバイザーが選定し自動運用を行なってくれるというのが大きなポイント。

特に時間のないサラリーマンには最適だと思う。
最初に入れた資金での運用もでき、また毎月の積立にも対応しているので、私は資金を最初に入れた上で毎月1万円ずつ積立をしている。

詳細は各サービスの公式サイトからどうぞ。
ウェルスナビ
THEO

積立投資のメリット

投資において一番邪魔なのは「感情」らしい。
確かに、目先の金額に一喜一憂していたら冷静な判断ができない。そもそもプロじゃないので判断が正しいかどうかわからないけど。そして何より時間を浪費してしまい、精神的にもよくない。

その点、積立投資は少しずつ購入していくことでリスクを抑える投資方法。10年、20年、それ以上の長期で考えるものなので、感情に左右されず淡々と積立購入してくれるというのは私にとってはありがたい。そして、たまにチェックするくらいが健康的だと思う。

もちろん、投資なのでリスクもある。
それが理由で実践していない人も多いはずだ。

ただし、自分の稼いだお金の運用方法として「貯金」しか知らずに銀行に寝かせておくのと、こうしたサービスを検討した上で「投資をしない」という判断をするのでは、大きく異なる。

様々な情報をインプットして検討した上で、実践するかどうかは各自の判断。しかし、無知であることは大きな損失だと思う。まさにこれ。