2017/07/03

iPhoneアプリ「CoinCap」多種の仮想通貨をポートフォリオ管理ができる

さまざまな仮想通貨に分散投資していると、自分の保有する資産について把握するのが難しくなる。種類が増えてくると複数の取引所を使う必要があるので、一元管理は難しくなるだろう。
というわけで、こんなiPhoneアプリを先日紹介した。

【スマホアプリ】仮想通貨のポートフォリオ資産管理「Blockfolio」が使いやすい

こちらは、保有しているさまざまな仮想通貨を登録しておく事で、日本円でリアルタイム表示してくれ、非常に使いやすいので重宝している。
そんな中、同じようなポートフォリオ管理機能をもったiOSアプリが他にもあったので、実際にインストールして使ってみた。それがこちら。

こちらのアプリは無料なので、Blockfolioとの使い心地比較という意味もあり、試しにダウンロードして使ってみたので紹介したいと思う。

COINCAPの設定方法

ダウンロードし、起動するとこの画面に。
このトップページでは、仮想通貨が時価総額順に並んでいる。
初期状態だとUSドルだが、右上のボタンから「設定」を選び、「JPY」を選択したので日本円で表示されている。

この画面の状態で、それぞれの通貨がリアルタイムで金額が更新されていく。相場を見るだけならこの画面だけで良いのだが、それでは自身のポートフォリオを作ってみよう。

このアプリではポートフォリオ管理画面を「ALTFOLIO」と呼んでおり、ALTFOLIOは3グループまで作成することができる。

まずビットコインのところをタップすると、推移が表示される。

「ADD TO ALTFOLIO」をタップし、1〜3の任意のグループをタップすることでALTOFOLIOグループに通貨を入れられる。
トップページに戻り、右上のメニューボタンから「ALTFOLIO」を選択すると、先ほど選択したビットコインが入っているのがわかる。

ビットコインをタップし詳細画面へ。

真ん中あたりの「tap to edit」をタップし、保有するビットコインの数(私の場合は0.50037BTC)を入れると・・・

その時点の相場と保有数量により、日本円に換算した額が表示されているのがわかるだろうか。基本的にはこの手順で必要なコインをALTFOLIOに追加していき、保有数量をそれぞれ入力することでポートフォリオが完成する。

COINCAP vs Blockfolio

というわけで、とりあえず保有している仮想通貨を全部入れてみたのがこちら。

下側にビットコインとイーサリアムが見える。
この下に他のコインが表示されているので、画面をスクロールさせれば良いのだが、残念ながらこのスクロールが若干操作しにくい。また表示領域が限られているのでちょっと見にくいかなというのが気になる。また、通貨の表示順を「自身の保有する時価総額」順にできないようなので、個人的には不満。

ちなみに先日紹介した「Blockfolio」の画面はこちら。
同じ保有数量でほぼ同じ時間にスクリーンショットを撮影。

画面いっぱいに時価総額順で通貨が表示されて、画面スクロールもスムーズ。そして画面を下に引っ張る事で簡単に更新できるのがありがたい。

iPhoneアプリ「COINCAP」総評

どうしても「Blockfolioとの比較となってしまうが、まずはCOINCAPについては画面のキャプチャを見て頂いてわかるように、見た目がスタイリッシュでカッコいい。これは非常に重要な要素であるので評価したい。

それ以外の面では、正直Blockfolioの方が使いやすいと思う。
とりあえずメモとして、COINCAPに改善して欲しいところをざっと挙げておく。

・アプリを起動してからポートフォリオ画面を表示するまでが面倒。
 (起動画面の待機時間のあと、ALTFOLIO画面に移動する必要がある)
・ALTFOLIOの通貨一覧が、画面下部の方しかないので一覧として見にくい
・また、画面スクロールがしにくい
・自身保有分の時価総額順に並べ替えることができない

こんなところだろうか。
見た目がいいので上記を解決してくれたらCOINCAPを使いたいのだが、現状の使いやすさではBlockfolioの方が優れていると思う。

10種類以上の通貨に分散投資している私のような者にとっては、こうしたポートフォリオ管理アプリは便利なものだ。もしこちらのアプリが気になった方は、こちらからどうぞ。

ちなみに無料なので気軽に試してみて欲しい。