副業サラリーマン投資!仮想通貨テンバガーブログ

サラリーマン&アフィリエイター&なんちゃって投資家として資産倍増を狙う

ビットコイン・アルトコイン対応状況 国内取引所比較

calendar

仮想通貨=ビットコイン
というのは以前の話。仮想通貨の中でもビットコイン以外のものは「アルトコイン」と呼ばれており、数あるアルトコインの中でも取引量が多いイーサリアムなどは、わりと有名だろう。

それに伴い、仮想通貨投資においてもビットコイン以外のアルトコインを絡めていくのが当然となっている。

仮想通貨を手に入れるには、取引所を利用する必要がある。国内外で大小さまざまな取引所が存在するが、取引所によってアルトコインの取り扱い品目はさまざまである。

やはり誰もが、日本国内で運営されている取引所を利用したいと思うだろう。自身の資産を預け運用するということで、何かあった場合の対応も含めた安心感という面で海外取引所はやはり心配である。
操作がすべて日本語である点も大きいだろう。

海外取引所だと、さまざまなマイナーアルトコインを保有することができるのが大きな魅力。

しかし国内取引所でも、ビットコインはもちろんアルトコインについても取扱いがあり、取引所により扱っているものはさまざま。というわけで2017年4月時点での、取引所ごとの取り扱い通貨一覧を作成した。

※あくまで主要な通貨のみとしており、ここに記載している以外の通貨も取扱いあり。

ちなみに私はこのうち、bitFlyerCoincheckZaifの3カ所にアカウントを保有しているが、bitBlyerは今は使っておらず、実質CoincheckとZaifのみ。
これで国内で購入できる通貨は網羅できている。

先日CoincheckがDASH、LTC、XEMの取り扱いを開始したので、アルトコインの種類数で見るとCoincheckが独走しており、アカウントを持つのは必須と言える。
ちなみにCoincheckは、アルトコインに関しては取引所ではなく「販売所」としての機能のみである。売り手と買い手のマッチングではなく、Coincheckからコインを売買している形なので、手数料が結構高い印象。

私も狼狽売りして翌日買い戻しした時なんか、「Coincheckの思うツボだなあ」と思ってしまったが、こうして国内取引所(販売所)がアルトコインの扱いを増やしてくれるのはありがたい。
そしてBitbankについてはアルトコイン取扱い開始のニュースが出たので、今後さらにアルトコインの取扱い通貨が増える可能性もある。

しかし…

そんな気もしてきた。
この辺の相関関係まではわからないが、少なくとも自分が保有する通貨に関しては様々な取引所で扱って欲しい、というのが正直なところだ。


=仮想通貨初心者の方はこちら=
国内の主要取引所の一つ、Zaif。 NEMやモナコインを板取引で購入できる。また最近話題のZaifトークンはここだけ!もちろんBTC,ETHもアリ。


最初に登録する人が多い「コインチェック」。 セキュリティ面も万全、取扱通貨も何と12種類。使いやすいスマホアプリで簡単に購入できる。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin