2017/03/08

初めてアフィリエイトをする時に登録すべき広告取り扱い業者(ASP)まとめ

資産運用のための副収入を得るために、ブログを使ったアフィリエイトが最適であることはこのブログでも述べてきた。

アフィリエイトで稼ぐためには、当然広告を貼る必要がある。そのためにはまず、広告を取り扱っている業者にアフィリエイター登録をする必要がある。

その業者は、ASPと呼ばれている。
(Affiliate Service Providerの略)

ASPはネット上の広告代理店であり、さまざまな広告案件を集めてきているのだが、1つのASPだけを使っているというアフィリエイターは少ないだろう。いくつかのASPを使い分けることで、幅広い広告展開が可能になるのだ。

とは言え、大小合わせるとたくさんあるASPのどこに登録すれば良いのかわからないという方に向けて、ここではアフィリエイター定番のASPのみに絞って紹介していく。

もちろん、この記事で紹介したASPは全て、アフィリエイター登録は無料。また実際に私が利用しており報酬の入金実績も確認しているので、安心して利用してもらいたい。

成果報酬型広告を扱うASP

まずは、成約することで報酬が発生する成果報酬広告を扱うASPの中から、特に最初に登録すべきものに絞って挙げていく。

A8.net

国内最大級の規模を誇るASPで、上場企業であるファンコミュニケーションが運営。案件数や利用者満足度もトップを走っており、まずは登録すべきである。

個人的にもよく利用しているASP。1つのブログで広告主の提携審査に通れば、他のブログでも利用可能なのでありがたい。

バリューコマース

1999年から運営している最古参のASPであり、知名度は抜群。A8と合わせて使えば、メジャーどころの広告は一通り賄える印象。

Yahoo!ショッピングやヤフオクのアフィリエイトができるのも強み。

バナーブリッジ

規模としては中堅どころであるこちらのASP。なぜ登録すべきかというと、大手でなかなか扱っていないタイプの広告プログラム(出会い系やアダルトを含む)が使えるからである。

より幅広い種類の広告を網羅するという意味で、押さえておきたいASPだ。また成果報酬以外にも、ブログで記事広告を書くことで記事あたりの報酬が貰える「バナ記者」制度もあるのが特徴の1つである。

その他ASP

私が主力としている上記の3つで、有名どころとややマニアックなところを押さえることで、幅広いジャンルの広告をカバーしている。

それ以外だと…
アクセストレード
アフィリエイトB

このあたりも利用している。
業界でも有名なASPなので、安心して使えるだろう。

大手ショッピングモールの物販アフィリエイト

ここまでは広告を集めてくるASPを紹介したが、ここからは大手ショッピングモールにおける物販アフィリエイトを紹介する。

大手ショッピングモールは自前でアフィリエイトシステムを構築しており、さまざまな商品を網羅しているので非常に便利だが、報酬は売り上げの数%しかない。チリも積もれば山となるという程度で考えておくべきだろう。

また重要な要素として、クッキーの有効期限というものがある。

クッキーとは…
訪問者のパソコンに一時的に情報を書き込む仕組みであり、クリックされることでアフィリエイトIDがパソコンに記録される。
例えば、広告をクリックしてから別のサイトに遷移し、再び戻ってきて購入した場合もアフィリエイト報酬が発生する。また、広告とは異なる商品を購入した場合も同様だ。

アフィリエイトを行うからには、クッキーの有効期限は長いに越したことはない。
これを踏まえて下記をご覧頂きたい。

Amazonアソシエイト

ネットショッピングといえばAmazon。アマゾンの紹介料は商品の種類により異なる。カテゴリ別の報酬率一覧は下記の通り。

Amazonアソシエイトは、クッキーの有効期限は24時間である。

楽天アフィリエイト

楽天市場のアフィリエイト報酬は基本的に売上の「1%」である。これだけを見るとAmazonの方が報酬が高いが、注意してほしいのはクッキーのは有効期限が30日間であるということ。

楽天市場の広告を踏んでもらえれば、その人が1ヶ月以内に楽天でショッピングをした分の報酬が得られるのだ。

このようにそれぞれのメリットがあるので、Amazonと楽天市場のリンクはどちらも設置するのが望ましいだろう。

クリック保証型のアドネットワーク

最後に、アドネットワーク業者についても紹介したい。さまざまな広告を集めてきて、最適な広告を自動表示してくれるサービスで、主にクリック保証広告(クリックされることによる報酬が発生する)が中心。

広告タグを貼り付けておくだけで自動表示してくれるので、貼りっぱなしでOKである。

Googleアドセンス

クリック保証広告望ましい代名詞とも言えるアドセンスは、まずはブログの審査に通過する必要がある。

記事数や内容など、ある程度のレベルが必要であり、また規約も厳しい。ただしその分報酬は高めなのでぜひ審査に通過して利用してもらいたい。

nend

A8netを運営するファンコミ社によるアドネットワーク。こちらはスマホ向けだが、アダルトも利用可能なので重宝するだろう。

忍者AdMax

WEB関連の各種ツールを提供している「忍者」による広告サービス。一番の強みは「審査なし」という部分。開設したばかりのブログにも広告を貼ることができるので、アドセンスの審査が通るまでは特に役立つはずだ。

広告の考え方

さまざまなASPを紹介してきたが、ネット上には大手、零細問わず他にもたくさんの業者がある。まずは上記のASPを利用して様子を見ながら、状況によって追加していくのが良いだろう。

当たり前だが、どのASPもアフィリエイター登録は無料。それ以降もお金がかかるものは一切ないので、安心して利用頂きたい。

最後に、広告というものについて。

報酬を狙おうとすると、特に最初はとにかくたくさんの広告を貼りたくなるだろう。少しでも目にとまる可能性を広げたいという意味で、気持ちはすごくわかる。

しかし、逆の立場に立ってみてほしい。
自分が何か調べ物をしているとして、あるブログに訪れたら広告だらけで記事も読みにくく、間違えてクリックしてしまいそうなところに広告が貼ってあったらどう思うか?

あまりいい気持ちではないだろう。
それを上回るような質の高い記事であればまた来ようと思うが、そうでなければ「また来たい」とは思わないはずだ。

こうした意味でも、記事の流れに沿った自然な配置を心がけるべきである。またクリック保証広告をやみくもに貼りまくるというのは、避けた方がいいだろう。