副業サラリーマン投資!仮想通貨テンバガーブログ

サラリーマン&アフィリエイター&なんちゃって投資家として資産倍増を狙う

【ふるさと納税】家電も充実のふるなびが、寄附額の1%のAmazonギフトコードをプレゼント開始!

calendar

ふるさと納税をして返礼品をもらい、さらにAmazonギフトカードまでもらえる!

ふるさと納税のポータルサイト「ふるなび」の新たなキャンペーンがスタートした!

スポンサーリンク

寄付額の1%のAmazonギフトコードが!

ふるなびより引用。

2017年11月1日以降、「ふるなび」にて、ふるさと納税を行われた方へ、寄附金額に対して1%のAmazonギフトコードをプレゼントします。

これ、かなりすごい。
返礼品同様に、寄付額が大きい人ほどその恩恵を受けられるということだ。

条件は3つ。

1. ふるなびにログインした状態で
2. ふるなびのサイト経由で
3. クレジット決済で(Yahoo!公金決済もOK)

ということ。
要するに「ふるなび」からクレジットで寄付すれば良いということ。

なので、せっかくふるさと納税するなら「ふるなび」経由でするのがお得ということだ。

11月1日よりこのキャンペーンがスタートしたので、支払い選択画面にもこんな感じで「プレゼントの対象商品」として反映されている。

ちなみに私が昨日申し込んだのは、寄付額35万円のダイソンお掃除ロボット。なので3500円分のAmazonギフトコードがもらえると。

これはありがたい!

ちなみにプレゼントのスケジュール感はこんな感じ。Amazonギフトコードがもらえるのはちょっと先になるみたい。

まあ年末までに申し込んでおけば、暖かくなる頃にAmazonギフトコードがもらえる感じかな!?

ふるなびは家電が充実している

ご存知の通り総務省の指針により、換金性・資産性の高いものなどを返礼品として廃止していく方針の通達がなされている。

現状はあくまで指導なので各自治体の判断だが、ほとんどの地域で家電などの返礼は取りやめられている。2018年以降はさらに減るだろう。

またふるさと納税の各ポータルサイトでも、例えば「ふるさとチョイス」等はいち早くその指針に賛同し、家電カテゴリを撤去した。
また「楽天ふるさと納税」や「さとふる」を見ても、家電の扱いは無いようだ。

そんな中、家電カテゴリを設置して取扱っているふるなびは貴重な存在だろう。

まあ返礼品で家電を求めていない人には関係ないかもしれないけど、家電も貰えてAmazonギフトコードも貰えるとなると、ふるなびの利用価値は高い。

私のように、普段はそうでもないけど仮想通貨の利益により税金がドカンと発生する人も多いはず。

そんな人にこそ、家電+Amazonギフトコードの組み合わせをオススメしたい。

そして…
前述したように総務省の指針もあるので、いつまで家電カテゴリがあるのかわからないけど、そんな逆風に負けず「ふるなび」には頑張って欲しい!!


=仮想通貨初心者の方はこちら=
国内の主要取引所の一つ、Zaif。 NEMやモナコインを板取引で購入できる。また最近話題のZaifトークンはここだけ!もちろんBTC,ETHもアリ。


最初に登録する人が多い「コインチェック」。 セキュリティ面も万全、取扱通貨も何と12種類。使いやすいスマホアプリで簡単に購入できる。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin