副業サラリーマン投資!仮想通貨テンバガーブログ

アフィリエイトで稼いで仮想通貨を中心に投資

途中解約のできない貸仮想通貨サービス(Coincheck)は自動更新されないように要注意!

calendar

仮想通貨の取引所の中でも、今特に勢いがあるのがCoincheck
そんな同社が2017年6月に新たにスタートしたのが「貸仮想通貨サービス」である。

取引所で保管している仮想通貨をCoincheckに一定期間貸出することで、報酬がもらえるというもの。簡単に言うと銀行の定期預金のようなものだ。

このサービスを早速利用しているのだが、これについて本日私が投稿したツイートがこちら。

まあ、利用時にきちんと確認しておけば問題のない部分なのだが、無意識に自動貸出にしてしまっている人もいると思うので、記事としてまとめておきたいと思う。

スポンサーリンク

貸仮想通貨サービスの仕組み

冒頭にも書いたように、銀行の定期預金のようなものであり、貸出期間はいろいろ選べるのだが金利は最大(365日)で何と、5%!!

※厳密には金利と言うべきではないかもしれないが、この記事ではわかりやすく敢えて「金利」と表現する。

詳しくは下記の記事を参照。
(銀行が相手ではないので、リスクについては特に注意)

【貸仮想通貨サービス】Coincheckの新サービスに早速申込み。リップルに働いてもらう!

そして当然だが、貸出期間中に途中解約はできない。
期間が長ければ金利が高いので365日を選択したいところだが、途中で現金化したくなったり、またその通貨が大暴落してしまっても解約は不可となる。

私はとりあえず、リップル(20万XRP)を30日で貸し出ししてみた。
そして、それだけではつまらないと思い、Coincheckに保管していたイーサリアム(10ETH)を最短期間の14日で貸出開始。

14日が経過したので管理画面を見ると…

期間満了が2017年7月6日の深夜0時代だったので、期間終了後の6日昼間にログインして確認してみたところ、こんな画面が。

7月6日の00:15に貸出開始となっている。
そして「自動貸出」という欄が「有効」に。
しかも、貸し出しているのは14日間の貸出によって得た金額「0.003836ETH」を含めたイーサ。

「内訳を見る」をクリックしてみると…

期限は7月20日の同時刻。
要するに、さらに14日間の貸し出しがスタートしたようだ。

あれ?と思ったが、よく考えたら自分で意識的に自動貸出というのをにしていたのだった。
最初XRPを貸す時に自動貸出を無効にしたので、その後10ETHを貸す時には「少量だし試しに」と思って有効にしてみたんだった!

まあ10ETHだし、特に引き出す予定もなかったので特に問題はないのだが、自分で試しておいてそれを忘れていたとは情けない…

自動貸出のメリット

自動貸出というのは、期限が終わった際に自動的に再度貸出を行うというもののようだ。意味合いとしては「自動更新」ということ。

そもそも、この「自動貸出」の制度は何のためにあるのか?
メリットとしては、「貸出申請してから承認されるまでのタイムラグがない」というところだと思われる。

貸仮想通貨サービスは、申し込んだ時点で利用開始ではない。Coincheck側が確認した上で承認し、はじめて期間が開始するのだ。
通貨ごとの数量にある程度制限をかけるためと思われる。実際、特にXRPは申し込みが殺到しているらしく、ある程度制限されているようだ。

申込から承認まで1日かかると考えると、自動貸出により期間終了と同時に次の期間が開始したので「1日分得した」と考えることもできる。
(ただし、通貨によってはスムーズに次の期間に移行しない可能性もあるので念のため)

しかし、それよりもデメリットの方が大きい。
基本的にこのサービスは、申込や承認や更新のメール通知は無いので、ログインして期間を確認しない限りはわからない。
もちろん自分でスケジュール管理しておけば済むのだが、「30日貸してみよう」と申し込んで、そろそろ30日かなと思いログインしたら1日過ぎていてまた30日間引き出せない、ということだ。

途中解約ができないサービスにおいて、通知なしの自動更新というのはリスクが高い。

なので、基本的には自動貸出を無効にしておき、期間が終わったタイミングで今後どうするかを検討することをおススメする。申込時に選択できるが、有効で申し込んでいても後から管理画面から変更は可能なので、無意識だった人は今一度確認してみることをおススメする。

Coincheck社への要望

Coincheck社はユーザーの声を積極的に反映しており素晴らしいと思う。私も一番よく使っている取引所だ。

なのであえて要望を書くとしたら…

・貸出承認時のアラーム
・期間終了間際のアラーム
・期間終了、または更新完了のアラーム

といった機能の追加をお願いしたい!

…というより「Coincheckアプリでの貸仮想通貨サービス対応」が一番望まれるところだろう。そしてこれに上記の通知機能がつけば完璧!

現状のCoincheckアプリは非常に使いやすいのだが、これはあくまで取引所アプリのようだ。別で決済用のアプリもリリースしているようなので、貸仮想通貨用のアプリも別でリリースしてくれてもいいなあ。

このサービスは非常に素晴らしく、私も今後さらに積極的に利用していきたいと思っているからこそ、さらなる利便性に期待したい!

仮想通貨を購入できて貸出サービスもあるCoincheck(コインチェック)はこちらから。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


=仮想通貨初心者の方はこちら=
国内の主要取引所の一つ、Zaif。 NEMやモナコインを板取引で購入できる。また最近話題のZaifトークンはここだけ!もちろんBTC,ETHもアリ。


最初に登録する人が多い「コインチェック」。 セキュリティ面も万全、取扱通貨も何と12種類。使いやすいスマホアプリで簡単に購入できる。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin